セントウルステークス2017レース展開とデータ傾向で予想

回収率の高い人気競馬予想ランキング

開催レース日

2017年9月10日(日)阪神競馬場11R
セントウルステークス

レース展開、コースデータ予想

スタート地点は向こう正面半ばから、やや左によったところ。スタート直後から微妙な下り坂になっており、3~4コーナー中間の残り800m付近から本格的な下り坂に入る。そのまま最後の直線半ばまで下りが続き、残り200m付近でゴール前の急坂。約120mの間に1.8mという勾配を一気に駆け上がる。
向正面からからのスタート。最初のコーナーまでの直線距離は240m程しかなく短い。3~4コーナーは急カーブと緩やかなカーブの複合コーナーで緩やかな下りのレイアウト。直線距離はAコース使用時356.5m。残り190m地点まで下りが続き、そこから高低差1.8mの坂が待ち受けている。
最初のコーナーまでの距離が短い上、短距離戦であることからスタート直後のポジション争いは激しくなる。しかし、急カーブがあるため一旦息が入りやすい。コーナーを周ってから直線までは比較的楽な展開で単騎逃げが決まるとそのまま逃げ切るケースも多い。息が入りやすい展開とはいえ、最後の直線で粘りきれない逃げ・先行馬も多く、それらを外から差しきるケースも多い。

【セントウルステークス】過去のデータ

1着が多い枠番

1枠:20%
2枠:30%
3枠:10%
4枠:0%
5枠:10%
6枠:10%
7枠:0%
8枠:20%

牡牝の勝利比率

牡:40%
牝:60%
騙:0%

勝率の高い年齢

3歳 :30%
4歳 :30%
5歳 :40%
6歳~:0%

人気の競走馬勝率

1番人気 :10%
2番人気 :20%
3番人気 :0%
4番人気~:70%

馬体重をみる

-:30%
±:20%
+:50%

脚質

逃げ:50%
先行:50%
差し:0%
追込:0%

※直近10レースのデータになります。

データから見た予想

短距離戦ということもあり、後半直線勝負で追い込みや差し馬は全く勝利できていないのがわかりますね。

スタートを決めて、しっかりとポジション取りができないと勝利できないといってもいいでしょう。

結果としても、人気薄の競走馬が勝利できていることもありますので、本当にスタート直後で勝利できる競走馬が絞られてしまうと言ってもいいかもしれません。

内枠の競走馬が若干活躍しており、6歳以上の競走馬が活躍できていない。

このデータを参考に脚質を見極めて、勝負する競走馬を決めましょう!

競馬専用の情報交換室(無料)

競馬ブログサイト情報

他の競馬予想ブログを確認する【データ理論】
他の競馬ブログを確認する【競馬予想】

スポンサーリンク

競馬予想に迷ったらココ!【無料で試せる競馬情報】

マックス億万馬券!帯封神殿の扉
サイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。