京成杯オータムハンデキャップ2017レース展開とデータ傾向で予想

回収率の高い人気競馬予想ランキング

開催レース日

2017年9月10日(日)中山競馬場11R
京成杯オータムハンデキャップ

レース展開、コースデータ予想

コース図を見ても分かるように、道中は常にゆるやかなカーブで形成されている。なので、多頭数の大外枠ともなると内枠と比べて距離損がかなり多く圧倒的に不利と言える。追い込み馬は相当な力差がないと捲ったりしても不発に終わる事が多い。しかし、先行馬がペースを落とさずに直線を迎えても急坂があるので、そこで脚が上がると後方からの馬に差されてしまうので全体的にトリッキーなコースである。
中山芝1600mはかなり荒れるイメージ。前年の京成杯AHは200万円を超える大波乱となったのが記憶に新しい。ニュージーランドTも同様だ。
しかし、いずれのレースも基本的に大接戦での決着が多く、裏を返せば展開一つでガチガチに収まるケースもあるという事。なので、人気どころの信頼度を中心に据えて、それよりも魅力的な要素の穴馬がいればそこを軸にして手広く展開して行くのがベターな馬券の買い方か。
何にせよ、一筋縄ではいかない筈なので予想外のファクターも大いに考えるべき。

【京成杯オータムハンデキャップ】過去のデータ

1着が多い枠番

1枠:10%
2枠:30%
3枠:0%
4枠:0%
5枠:40%
6枠:10%
7枠:0%
8枠:10%

牡牝の勝利比率

牡:70%
牝:30%
騙:0%

勝率の高い年齢

3歳 :20%
4歳 :20%
5歳 :50%
6歳~:10%

人気の競走馬勝率

1番人気 :10%
2番人気 :50%
3番人気 :20%
4番人気~:20%

馬体重をみる

-:40%
±:20%
+:40%

脚質

逃げ:20%
先行:40%
差し:20%
追込:20%

※直近10レースのデータになります。

データから見た予想

ハンデ戦ということもあり、荒れる結果が多いレースになっています。

昨年は1番人気の競走馬が勝利しましたが、それでもここ10年では1番人気の競走馬が勝利したのは昨年の1回のみ。

そして、コースデータ通りアウトコースがかなり不利なスタート位置いうこともあり、外枠の競走馬が勝利している確率が低ですね。

直感でこの競走馬が良さそうだけで購入するよりも、きちんとデータを調べて有利な競走馬をチェックして勝負したほうが的中に近づけると思います。

今回は思い切って高額配当狙いで勝負しても悪くないと思います。

競馬専用の情報交換室(無料)

競馬ブログサイト情報

他の競馬予想ブログを確認する【データ理論】
他の競馬ブログを確認する【競馬予想】

スポンサーリンク

競馬予想に迷ったらココ!【無料で試せる競馬情報】

マックス億万馬券!帯封神殿の扉
サイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。